バラトレ体験者の声

バラトレを体験された生徒様のお声です。

バラトレ体験者の方の声

荒井あゆみ様 ヴァイオリニスト

 

以前から、表現したい音楽と身体の使い方が一致していないと感じていました。
また、本番では緊張で身体が硬くなり思ったような演奏ができなくなるのが悩みでした。

レッスンを何回か受けていくうちに、身体が楽器の音に共振して、楽器との一体感を感じてびっくりしました。
ミュージックボディーラボでのバラトレを始めてからは、繰り返し練習をしなくても成果があがるようになり練習時間を減らすことができました。

以前はヴァイオリンを弾いた後は肩こりがひどく鍼灸院に通っていましたが、それも現在は随分改善されました。

生徒に教える時も説明が具体的になり理解されやすくなり役立っています!

(横浜市在住 ソリスト、室内楽奏者として活躍、音楽教室講師、高校の弦楽合奏部トレーナー)

深井利枝様 ピアニスト

 

ピアノは全身を使って演奏するのに、スポーツの様にメンテナンスの指導がなく、身体を無理なく使うには何か必要と思っていたところ、この方法に出会いました。

以前に頚椎を痛めていたので、かばって無理な動きをいないよう気を使っていましたがAO 関節の存在を知って、身体の重心移動が自然にうまく感じられるようになりました。

指を使う時、小指側でリードするという情報を得てからは、指の動きが楽になりました。苦手だったパッセージが自由に演奏しやすくなり、バスライン、メロディラインの動きが自然に表現できるようになり立体的な音楽表現が自然にできるようになりました。

(横浜市在住 ピアノ独奏、伴奏者として活躍、自宅でピアノを教えている)

沼田玲子様 チェリスト

チェロを演奏する時、左手が特定のポジションになるとテンションがあるのを感じていて、そういったポジションのある曲は避けていました。でも腕全体の構造を知って、腕が自由に大きく動かせるようになりました。

また、からだ全体のバランスをとることを知り、上半身と下半身のバランスや足裏と連動させられるようになり、動きに無理がなくなり演奏が安定するようになりました。

一時は自分の指導スキルに疑問を持ち、教えることに興味を失ってしまい積極的に教授活動をしなくなってしまいましたが、教える方法も身につけられ、また教授活動を再開してみようと思います。

(相模原市在住 合奏団メンバー)

佐々木宣博様 アマチュアギタリスト

本番になると指が思ったように動かなくなったり、ミスタッチが増えるのが悩みでした。

バラトレをするようになって、歩き方が自然でないことや、演奏中に呼吸を止めていることに気がつき、おどろきました。まず日常生活での身体の使い方と呼吸に気をつけるようにしたら、練習や本番でのパフォーマンスが上がるようになりました。

この方法はギタリスト、特に初心者の人にもオススメできます。
(東京都在住 システムエンジニア)